オーリスタットを含む医薬品と食事制限でストレスを溜める女性

よくあるダイエットで食事制限を行う方は多いかと思います。ですが好きな食べ物を食べられない辛さでストレスになってしまったり、リバウンドの原因になってしまったり踏んだり蹴ったりです。オーリスタットは食事制限なしでも肥満を防止することが可能です。

オーリスタットというダイエット医療薬成分

痩せる薬の成分にオーリスタットがありますが、この成分は膵臓から分泌されるリパーゼという酵素の働きを阻害させる薬の成分です。
ダイエットだけではなく、糖尿病や高脂血症といった生活習慣病予防にも効果が期待できます。
太ってしまうには何かしら原因があります。
オーリスタットは、脂っこいもの、つまり脂質のとり過ぎに対して効果が期待できる成分です。
逆に言えば、炭水化物やタンパク質の吸収には関与しません。
タンパク質は体を構成するために必要になり、ほとんどは無駄なく使われます。
一方、炭水化物はブドウ糖に変換されて脳の栄養素になりますが、多くとり過ぎると太る原因になります。
もしオーリスタットでダイエットをするというのであれば、炭水化物のとり過ぎには注意が必要です。
オーリスタットを使うにあたり注意が必要なのは、脱水症状と脂溶性ビタミンの不足です。
オーリスタットは強制的に消化不良状態を作り出します。
油状の便が出て、一緒に水も失われます。
なので、下痢が続く場合には水分補給をしっかり行うようにしたほうが良いです。
これは薬の効果なので、下痢になったとしても効果の一部と考えて問題ありません。
また、オーリスタットは摂取した脂質を未吸収にするため、その中に脂溶性ビタミンが溶け込んで、脂溶性ビタミンが不足する可能性があります。
脂溶性ビタミンはビタミンA・D・E・Kで、これらが不足すると粘膜のトラブルや視力のトラブルが起こる危険性があります。
これを防ぐために、マルチビタミンのサプリメントを一緒に摂取したほうが良いでしょう。
オーリスタットは脂質の吸収を阻害する成分なので、炭水化物がメインの食事の時にとってもあまり効果は得られません。
脂っこいものを食べた時に、脂質のみに効果を発揮するゼニカルを服用するのが効果的です。